2013年。川崎から松本へIターン。
 スローライフに憧れて 機織りをしています。
     糸紡ぎや草木染にも 取り組んでいます♪
『民藝の教科書◆\めと織り』
評価:
萩原健太郎
グラフィック社
¥ 2,100
(2012-08-06)

いつも、自分の作っているものを
「商品」というべきなのか
「作品」というべきなのか迷っています。

作品であるかもしれないけれど
その前に 商品なのではないか…と思っています…。

でも、この本を読んでいると
やっぱり 私の作っているものは
どこかの伝統品ではなく 作家性のあるものであることは
否めない…という気がしてきました。

職人には程遠い…。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…と、昨日は書いたけど、一晩考えて…

やっぱり、○○織り という伝統に所属しない私は
MauA の織り を模索していくしかないのだ…と思いました。

その中で、多色の世界もあれば、モノトーンの世界もあっても
良いのではないか…と。

個性的な布も、落ち着いた布があっても良い・・・と。

そう思うと、すっきりしました(笑)

 松本の図書館は 民藝館があるからか
借りる人が 関東よりも少し少ないからか
気になる本がたくさんあります。

今日、読んだ本は
『民藝の教科書◆\めと織り』

まだまだ知らない織りや染めの世界を
知ることができました。

各地で続いている 特色のある織りや染めを残すべく
努力している人々の姿も印象的でした。

どの織りも染めも素敵で 各地の織りを
いずれ、見に行きたい…と思いました。



続きを読む >>
素敵な作家さん comments(0) -
『遠くの町と手としごと―工芸三都物語』
評価:
三谷 龍二
アノニマスタジオ
¥ 1,680
(2009-06)
コメント:作り手にとって「作る」ということを改めて考える機会となる良書でした。

 

個展が始まる前に読んでいた本なのですが とても印象的で
改めて 自分がどういったモノを作っていきたいのか…を
考えさせられる良い本でした。

作家も木工作家さん。

 「暮らしに寄り添う道具。

  モノ(のもつ)力。

  技巧に走りすぎない。
  作家性を抑え、素材を吟味し、丁寧に仕事をする。」


そんなことが とても印象に残りました。

織り布は 装飾的な要素ものあるので
単純に比べるわけにはいかないかもしれないれど…
「暮らしに寄り添う布」を織っていきたい…と思います。
来年の目標の1つになりそうです。






素敵な作家さん comments(0) -
『いつも、花のこと。』
 


最近は 素敵な本が多いな・・・と思います。


自由が丘で、ご主人とともに開いた「カフェイカニカ」を拠点に
都内近郊で「花の会」をはじめとする教室を定期的に開催している著者の
「花との自然な付き合い方」が印象的でした。


私は、活けた花も 枯れてくると わりとすぐに
切ってしまうのだけど
「どの草花も、旬は花の頃だけではない。」
という言葉に 反省しました。

ドライフラワーにしたり、
花との時間を ゆっくり楽しむ。

そんな風にしたいな…と思いました。

今年は、アジサイのリースも作ってみたい…と思います。

ふわっと眺めていても 楽しい本でした。








素敵な作家さん comments(0) trackbacks(0)
『手織り大全』
 『手織り大全』
 箕輪直子(著) 

を読みました。

手元に置いておきたい 素晴らしい本でした。

まず、高機と卓上機の説明があり
様々な織り方の解説があり
染め方も載っているし
ちょっと変わったマフラーの織り方もあり
ほとんどがカラーページ。

これもあれも作ってみたい!!という思いが
むくむくとわいてくる本でした。

さらっと読んだけど
これからもう一度熟読しようと思います(笑)

評価:
箕輪 直子
誠文堂新光社
¥ 2,940
(2011-09-21)
コメント:カラーでこんなに丁寧に 機のことから織のことまで書いてあって とても素晴らしい本だと思います。

素敵な作家さん comments(0) -
三崎めぐり

三崎に行ってきました。





新しく MauAのフェルトアニマルズやブローチを
お取り扱い頂くことになった 『glass work ソラノアオ*』さんのお店に
ご挨拶。

ガラスフュージングの体験もできるので
三崎散策もかねて♪ 行ってきました。


フェルトの羊やカメさんが かわいく飾られていて
とても嬉しく、有難かったです。

そして、体験教室♪




色とりどりのガラスを選んで、重ねて
私はアクセサリーを作ることにしました。




どれが良いか・・・散々悩んで 上のような写真にようやく・・・ようやく…
落ち着きました。
(本当に、すっごい!!悩みました。)

ガラスも少し、カットしてみました。
(ちょっとコワイな…と思っていたけど、パキっとうまく
 切れていたときは とても嬉しかったです♪)


楽しい時間はあっという間に過ぎ、
焼き上げ・仕上げは先生にお願いして
教室を後にしました。

1週間後くらいに、完成品が送られてくるそうです。

そのときの楽しい感じが 後日またポストに届いて
再現されるのも良いな・・・
すぐに結果が分からないのもおもしろいな…と思います。





三崎港の夕日。

ぼんやり、富士山も見ることができました♪


そして、素敵な器のお店も!!
ソラノアオさんに教えて頂いた通り
とっても 好きなお店でした。

うつわとくらしsol






益子の作家さんが多いそうですが
それだけに こだわらず、いろいろな場所の
素敵な作家さんの器を拝見させて頂きました。

蔵を利用したお店の空間も、選び抜かれた器たちも
とっても素敵でした。

私も連れて帰りたい器がいっぱい。

また、行こう。(笑)

そう思う街でした。








 
素敵な作家さん comments(2) -
とんぼ玉とBirthday Necklace
 


ルイーズ オディエ というバラの花。


いつ見ても バラの造形はすごい…と思います。






さて、こちらは 先日の赤レンガ「アーティストマーケット」で
ついつい連れて帰ってしまったものたちです。

手前のとんぼ玉ストラップはKamicoさんのもの。

前々からずっと好きで いつか…と思っていたのですが
しばらく、彼女の出展が少なくなりそうなので
今回、ヒトメボレした 黄緑のストラップを手に入れました。

やっぱり かわいいな…と思います。


その奥は とっても軽い 「Birthday Necklace
Juconさんの作品です。

誕生月を選んで(上の大きな□の部分)
誕生日の数字を 2つぶらさげてもらえます。

おもしろいな…と思います。


私の誕生日 わりと覚えやすいのに
過去に2回も忘れられたことがあったので
たまに つけておくと良いかも…と思いました(笑)
素敵な作家さん comments(0) -
サルと犬とアザラシ



今まで作りためていた フェルトのおサルさんたちを
携帯ストラップにしました。

18日(土)から 代官山の青三さんのお店で
ご覧いただけます。

カラフルなおサル。1つずつ表情が違うので
お近くにお越しの際は ぜひ のぞいてみてください♪





こちらは Otonari工房の アザラシのストラップ
K's CRAFTの ワンちゃんです。

違う素材だけど 並べて置いてもかわいい☆


いろいろな作家さんの作品を拝見していると
ついつい ツボにはまってしまい うちに連れて帰りたくなります。(笑)

K'sCRAFTの ワンちゃんは なんだかうちの犬に似てる気がして
(無理を言って、耳も似た感じにしてもらいました。感謝☆)
ポーズもかわいくて いいな…と思います。



携帯ストラップのアザラシちゃんは 携帯を落とさないように
気をつけないといけないな…と思います。
(そそっかしいから 本当に!!気をつけないと!!)
でも、本当にかわいい♪


木もガラスも。羊毛も。
それぞれの素材で それぞれの表情がおもしろいです。

私も かわいいのを作っていきたいな…と思います。
素敵な作家さん comments(0) -
手織りの帽子 
 





帽子工房 MURAI さんにお願いして
手織りの布で 帽子を作ってもらいました。

帽子と織のコラボレーションです。

今まで 平面の布だったものが
立体的になると 雰囲気が変わって
とてもおもしろいな…と思います。

初めてのことなので 素材によってどうなるのかも知りたくて
赤(ウール)、青(シルク)、黄(綿)で作ってもらいました。

やっぱり、布で見たときに好きだった
シルクの青がいいな…と思ったり、
でも、ウールの赤も暖かそうで かわいいな…と思ったり。


素敵に作っていただいて
帽子工房 MURAI さんに感謝。感謝。です。





::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


MauA◆Textile  Exhibition2010
     −昼夜織−
  
2010.11.23-28
   @
アートの庭 
   JR中央線国立駅北口より徒歩3分。
   駅前通り最初の信号を左折
   11:00-18:00
   月曜休み

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




素敵な作家さん comments(0) -
まど・みちお画集 とおいところ
 ふと なにげなく手に取った本でした。

最近は書評をみたり
どこかでおもしろいと聞いたから など
何かきっかけとなる情報があって
おもしろそうだから 見てみる

という本が多いのですが

これは ジャケ買いのように
ふと手にとって
ちょっと気になって 読んでみました。


ぞうさん の詩で有名な まどさんですが
この本は 詩よりも 絵がメイン。

それも 身近な画材、クレヨン、水彩、フェルトペンなどで
描いているのが おもしろかったです。
クレヨンなのに油絵みたい・・・と思うものもあり とても新鮮でした。



また、抽象画ってよく分からないな・・・と思うことも多いのですが

彼の文章を読んで より身近に感じることができました。

以下、『まど・みちお画集とおいところ』より引用。

「しだいに
抽象画を描くようになりました。
具象画は、
この世にあるものをもとにして
描くのですが
せっかく描くなら
何もこだわらずに自由に描きたい。
この世のどこにもない世界、
この世にひとつきりの、
自分の世界を
描きたいと思ったのです……。」


なるほど…
抽象画とは そういうものなのかもしれない と思います。

この言葉通り
ひとつきりの素敵な世界の絵がいっぱいでした。






評価:
まど・みちお
新潮社
¥ 3,360
(2003-11-15)
コメント:すてきな絵がいっぱい

素敵な作家さん comments(0) -
Glass Jewels Exhibition
 今日は 国立にあるアートの庭へ。

稲葉真奈美さんの個展にお邪魔してきました♪






涼しげなガラスの
キレイな色合いの作品の数々。




どの色あわせも とっても素敵で
見ているだけでも すごく気持ちが良いです。

もちろん、何か連れて帰りたくなります(笑)




雰囲気のある空間にピッタリ☆

昔からの友人と のんびりと心地よい時間を過ごさせて頂きました☆

ありがとうございました。



この同じ会場で
私も11月に展示をするのですが
作家さんとオーナーさんたちに
たくさんパワーをもらって 元気になりました☆

私も素敵な空間を作れるように
がんばろっ!! と思います。





光がガラスや鏡に反射しているのか…
壁にうつる影もとっても素敵でした☆


こちらの展示会
会期は残り あと2日☆
もし お近くにお越しの際はぜひ 足をのばしてみてください☆


。oO○。○。。oO○。○。。oO○。○。。oO○。○。

Glass Jewels Exhibition
稲葉真奈美の世界

7/20-8/1
11:00-18:00
アートの庭
  JR中央線国立駅北口より徒歩3分。
駅前通り最初の信号を左折
100m左側の1軒屋です
。oO○。○。。oO○。○。。oO○。○。。oO○。○。
素敵な作家さん comments(2) -
| 1/3 | >>