2013年。川崎から松本へIターン。
 スローライフに憧れて 機織りをしています。
     糸紡ぎや草木染にも 取り組んでいます♪
木曽漆器祭り



木曽漆器祭り に行ってきました。


ずっと 行ってみたかった奈良井宿。

意外と松本からは近く、車で1時間ほどで行くことができました。





宿場町の古い町並みが残る通りの散策。
朴葉餅も気になりつつ…
漆器をみたり、曲げわっぱの製作風景を見学したりしてきました。








こげ茶色と白と紺色の組わせはなぜかほっとします。


さらに青空と新緑があると完璧♪

楽しい時間を過ごすことができました。





乾物屋さんの壁もおしゃれ♪

絵になるな…と思います。






一度、食べてみたかった朴葉寿司。

朴葉の香りが何とも言えません。。。(美味しい〜)






そして、我が家に連れて帰ったものたち。


楽しく使っていきたいと思います♪












旅行 comments(0) -
タヒチ
 


ラパヌイ(イースター島)に 日本から行くには
タヒチ経由がチリ経由があります。

タヒチからイースター島へのフライトの方が
飛行時間は短いのですが 週に1便。

チリ経由だと、飛行時間は長いけど
マチュピチュにも行くことができる。

というわけで、悩んだのですが、結局
南国、タヒチに行ってみることにしました。





イースター島とは 対照的な道を歩いているようにも思いました。

たくさんの外国資本がやってきて
パリのように思えるcafeもありました。






久しぶりの長期旅行。

たくさんの刺激を消化して 作品に活かしていけたら
おもしろいだろうな…と思います。

秋・冬に向けて 始動したいと思います♪






旅行 comments(0) -
Rapa Nui (イースター島)
 


お休みを頂いて イースター島に行ってきました。


写真はデイゴの花。
南半球ですが、緯度は沖縄と同じ位。

南国の花々が美しく咲いていました。





15体のモアイが並ぶ「アフ・トンガリキ」

作られた当時は 主に海岸を背にして 村を守るように
建てられたそうです。





ガイドさんによると 村の中は夜、歩いて帰っても大丈夫。

敷地内に入り、飼い犬にかまれることだけ
気を付けて欲しいとのこと。


お店には しっかりシエスタ(お昼休み)があり
時間の流れ方が日本とは違うように 思いました。





野良犬は 村や観光客みんなで飼っているようで
エサを求めて 付いてきますが 危害を加えられることもなく
のびのびと暮らしているようでした。





イースター島という名前は西洋人がつけた名前で
人々はイースター島のことを「ラパ・ヌイ」(=大きな島)と呼んでいるとのこと。


また、自分たちの文化を守るため
島の人々以外には 土地の所有権を認めない。
モアイ像以上の高さの建造物は認めない。 などのルールがあるそうです。

そんなわけで 外資のホテルやお店もなく
ホテルは1階建て。

そんなところも おもしろい・・・と思いました。











旅行 comments(0) -
寒いです・・・
 


大雪のニュースを見るたびに
冷え性の私は、不安な気持ちになります。

いろいろなところが大変そうで・・・
陰ながら 応援することしかできないけれど
どうぞ、みなさまに あたたかな春が来ますように…
と願うばかりです。


写真は、ちょっと パリの郊外の朝。
どの植物も 朝からしばらくの時間は、白い感じになっていました。
でも、そえは、それで、美しい感じがします。


そろそろ。
そろそろ。
日本時間に戻らねば・・・と焦ってきています。
たまっていた新聞を読んでいたら、浦島太郎になったような
気分でした。(笑)

旅行 comments(0) trackbacks(0)
色づかい
 

パリのちょっとはずれにあった建物。

結局、何のための建物かは分からなかったのですが
ひときわ、目をひく色使いでした。


パリに行って思うのは やっぱり「色使い」が素敵だな…
とつくづく思いました。

街中は スリが多いからか 地味な色合いの方が多かったけど
お店に並ぶものや、ちょっと周りの街では、素敵なマフラーをされていて
目を奪われてばかりでした。






おもしろい扉。

普通に、マンションの入り口として使われているようでした。
でも、少し前の時代のものかな…と思います。

時々、建物を見てみると1800年代に建てられたものが
今なお、現役で活躍していて 素敵でした。





旅行 comments(0) trackbacks(0)
帰国しました。
 


白い雪がチラホラ残っているのに
ビックリしました。

不在の間、ご迷惑をおかけいたしましたが
無事に帰国しました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

とりいそぎ、営業再開のお知らせでした。



まだまだ、寒そうな日々が続きそうです。
みなさまも どうぞお気をつけ下さい♪


旅行 comments(0) trackbacks(0)
小樽。


小樽の運河。

すっきり晴れた青空と 紅葉したツタが
印象的でした。




ちょっとおもしろい街並みも印象的でした。






でも、北海道は広くて、まだまだ見たかった場所があり
ちょっと心残りです。

また、時期を変えて、訪れたい・・・と思いました。



 
旅行 comments(0) -
北京


シルク屋さんにあった 壁の絵を撮ってきました。

お蚕さんを育てて 糸を作って
機で織って 布になる。

シルクロードの流れを感じてきました。


中国のデザインは、模様も色合いも 素敵でした。

そして、時々、「あ、沖縄に似てる…」
と思うところも ありました。








そして 忘れてならない 盧溝橋。

きれいなところ故に 余計に悲しくなりました。。。

忘れてなはいけない…と改めて思います。


旅行 comments(0) -
北京




ぜひ一度、歩いてみたかった万里の長城。



当時の人々の仕事に圧倒されました…。

中国は、本当に広大だし、人々のパワーもすごいものだ…と
改めて、思いました。







北京から、行きやすい万里の長城には
左右、2つの坂があります。

右は、女坂。(緩やかな登り坂)
左は、男坂。(急斜面。健脚向)

ついつい、男坂にむかってしまったのですが・・・
しっかり、筋肉痛になりました。(笑)

写真は男坂の一部。
下りは手すりがないと 不安なところがいくつかありました。







旅行 comments(0) -
北京
 

天壇公園。

楽しみにしていたけど、あいにくの曇空。

でも、とてもきれいな建物でした。





北京はどうだった? と聞かれると
ついつい「美味しかった!!」と 答えてしまいます(笑)

でも、本当に、今回は日本食が恋しくなることなく…
お野菜もいっぱいで
いろんな種類の美味しい料理がいっぱいで
楽しい時間でした。



そして、何より「パワフルだったな…」と思います。

街の色が鮮やかだったせいもあるけど
みんながとても元気な感じがしました。

これは、きっと 美味しい健康的な食事のせいもあるに違いない!!と思います(笑)



旅行 comments(0) -
| 1/3 | >>